京焼・清水焼の歴史をご紹介


京焼とは、近世以降京都で生産される陶磁器の総称であり、現在では清水焼がその代表で、京焼・清水焼として伝産法指定品の一つとされる。手仕事を中心とした伝統的な技法と、雅やかな意匠を特色とし、製品は主に高級茶器、食器、花器などがある。
清水焼は起源に諸説あり、一説には宝徳年間(1449〜52)に音羽屋九郎右衛門が東山清閑寺の茶碗坂に窯跡を発見し、京都深草にあった窯を移したといい、その後天正〜寛永(1573〜1644)に音羽、清閑寺などの地で、正意、万右衛門、音羽屋惣左衛門らが作陶にあたり、慶長(1596〜1615)末に阿弥陀ケ峰の豊太閣廟に煙がかかるため、命により五条坂へ移転したとされる。
その後、正保(1644〜48)頃、丹波の陶工野々村仁清が京に出、御室焼をはじめ、各窯で作陶し、色絵陶器の技法を進展させ、その様式を確立した。仁清の弟子には尾形乾山がある。
この後停滞期を迎えるが、文化・文政(1804〜30)頃、有田磁器の影響と、煎茶の流行、そして文人趣味を背景として奥田頴川が中国風の赤絵磁器を製し、門下に青木木米、欽古堂亀祐、仁阿弥道八などを生んだ。幕末には、その製品の多くは五条坂焼物問屋の手によって全国に売りさばかれ、文政頃には産額約15000両以上にのぼったといわれる。
そのほか江戸期を通じて清水六兵衛、高橋道八、清風与平らの名手を生み、大正期以降は清水焼は京都を代表する焼物となった。
大正以降、土地の狭いことなどの理由から五条・清水の業者が、南方の蛇ケ谷・日吉地区に移転、第二次対戦後もさらに、清水焼団地、炭山陶芸村へと生産の地を広げて現在に至っている。


もどる

Copyright(C) 2002 京都陶磁器卸商業協同組合
■ お問い合せは info@kyoyaki.jp へ ■
掲載記事の無断転用を禁じます。
本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。
すべての著作権は京都陶磁器卸商業協同組合に帰属します。